寄せ書きのアイディアと例文「お見舞い」

お見舞いの寄せ書き例文
寄せ書きデザインリスト寄せ書きデザイン・文例集」トップ > お見舞いの寄せ書き
スポンサードリンク

お見舞いの品としての寄せ書きについて

お見舞い寄せ書き例文ケガや病気によって入院した知人や友人に対して寄せ書きを贈るのは、不幸な目に合った方を元気づけ、勇気づけるという目的があります。

ポイントとしては、見た目綺麗でまとまった文章よりも、相手の立場を考え、思いやる気持ちを素直に伝えるよう心がけます。

  1. 心配していること
  2. 回復を願っていること

この2点がストレートに伝わるような内容が良いでしょう。

本人が前向きになり、元気がでるようなメッセージやコメントを書くのもオススメです。面白いことを書いて笑わせてあげるだけでも良いのです。この場合は寄せ書きを贈る相手の気分が晴れるような、退院後の元気な姿を想像させるような言葉を送ってあげましょう。

そうは言ってもなかなか良いセリフが浮かばないという時は、相手の身になって「もし自分が同じ立場になった時に言ってもらえたら嬉しいこと、元気がでること」を考えましょう。

また、長々とした文章よりも簡潔な文章を心がけましょう。


寄せ書き時のマナー【マナー・注意点】

相手の病状が悪い時はあまりおちゃらけた内容やふざけたコメントはNGです。
また、病気やケガについて自分の知識をひけらかしたり、逆に具体的な病状を聞いたりするのはタブーです。お祝いの寄せ書きと違って、本人は不幸な目に遭っていて、その苦しみの大きさはその人にしか分からないので軽い気持ちで書くことは止めましょう。
また、今の自分の状況が不幸であることを連想させたり、深刻に考えないような内容にすることです。

スポンサードリンク

お見舞い寄せ書きの例文

【寄せ書き例文1:シンプルで短めな文章】

基本的なフレーズです。この文章の後に更に自分の言葉を付け足して良いメッセージにしてください。あたりさわりのない例文です。お見舞い寄せ書き例文1

  • ご病気お見舞い申し上げます。
  • 一日も早いご回復を心からお祈りいたします。
  • 病気の具合は、いかがですか。
  • おけがの具合はいかがでしょうか。
  • 一日も早いご回復を祈っております。
  • 早く元気になりますように
  • お大事になさって下さい。
  • ご全快を祈念し心よりお見舞い申しあげます。

【寄せ書き例文2:少し凝った長めの文章】

親しい知人や友人、お世話になった方へのメッセージの例文です。

  • ご病気お見舞い申し上げます。会社のことは忘れて、ゆっくりと休んで治療に専念してください。
  • 心からお見舞い申しあげます。病は気からと申します。早く良くなって、元気なお姿をお見せください。
  • 病気の具合は、いかがですか。全快を祈念し心よりお見舞い申しあげます。一日も早く、お元気なお顔を拝見したいと願っております。
  • お見舞い寄せ書き例文3このたびは、突然のご入院とのこと、心からお見舞い申しあげます。その後、おかげんはいかがでしょうか。仕事の事も気がかりでしょうが、どうか気を楽にして、治療に専念される事を願っております。
  • 徹底した検査を受けられ、十分なご養生をなさいますように。しばらくご静養なされば、前にも増してお元気になられることでしょう。
  • 日頃頑張り過ぎなくらい活躍している○○さんですから、この機に十分ご養生ください。
  • せっかくの機会だから思いっきり休んでフル充電してください。
  • ○○さんがいない職場はつまらないです。一日も早く回復して戻ってきて欲しいです。
  • ○○さんのいないオフィスは何となくもの寂しいです。でもこの入院期間をロングバケーションだと思ってゆっくりご静養なさってくださいね。
  • 人体にはあらゆる病気を治す自然な治癒力はせるそうです。とにかくいっぱい食べてたくさん寝て元気をつけてください。
  • せっかくの機会だから思いっきり休んでフル充電してください。
  • お見舞いは何回までOKですか?
  • ゆっくり本を呼んで知識を蓄えて下さい。
  • 体を使えない分、四六時中頭を使っているといいですよ。脳みそのシワを増やしましょう。新しいアイディアが出たら連絡ください。
  • 仕事の方も気がかりかもしれませんが、○○さんが戻った時に驚くほど私達が力を合わせて頑張ります。どうぞゆっくりなさってください。一日も早いご回復をお祈りしております。
スポンサードリンク


トップに戻る